注文方法の逆指値注文とは何?

通常の注文方法とは異なる、逆指値注文って何?、利用用途は?

 

逆指値注文とは

先ず、指値注文の場合は、

 

 買う場合: 指定した株価以下になったら買い

 売る場合: 指定した株価以上なったら売り

 

になります。

通常の株価の売買イメージなので、イメージしやすいと思います。

 

それで、

逆指値注文は、文字通り、指値注文の逆になります。

 

 

逆指値注文の場合は、

 

 買う場合: 指定した以上になったら買い

 売る場合: 指定した株価以下になったら売り

 

になります。

 

 

 

逆指値注文の利用用途

◆ 損失を抑えたい

株価が上昇していくと判断し、株を買ったとします。

しかし、想定とは異なり、株価が下落していったとします。

 

下落して、また上昇するかもしれませんが、個人個人でどこまでの下落なら保有し、どこまでの下落なら手放したい(売却したい)という基準があると思います。

 

前場・後場ともに板に張り付きでトレードできる人は問題ないかもしれませんが、仕事や用事等で張り付けない場合は、売却したい株価で売却できないことが起きます。

 

そういう場合に、事前に指定した株価以下になったら売るという逆指値注文を入れておけば、大きな損失になることを防ぐことができます。

 

※売りから入る場合は、買う場合と逆ですね。

 

 

◆ 上昇トレンドで株を買う

株価がそろそろ上昇しそうだなぁと判断し、事前に指定した株価以上になったら買うという逆指値注文を入れておくと、株価が上昇したときに予定通りの株価で株を保有することが可能になります。

 

株価は一気に上昇することがあるため、逆指値注文を入れておくと買うタイミングを逃さずに済みます。

 

 

◆ 利益の確定

株価が上昇していくと判断し、株を買ったとします。

そして、想定通り、株価が上昇していったとします。

 

株価が上昇していったとしても、いつかは下落します。

 

そこで、上昇はしているが、もし、ある株価まで下落したら売ろうと考え、事前に指定した株価以下になったら売るという逆指値注文を入れておきます。

 

そうすることで、買った時点の株価と逆指値注文の株価の差額分で事前に利益を確保しておくことができます。

 

もし株価が暴落しても安心できます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
error: Content is protected !!