不足金の解消が間に合わず、新規建注文が停止に

信用買いをしていて、あまりの株価の下落に耐えられず損切りしました。

その際に不足金が発生したようなので、不足金を解消しようと思って対応しましたが、対応方法を間違ってしまい新規建注文を停止されてしまいました。

 

間違いを調べました。今回の失敗例はこんな感じです。

利用しているのは、SBI証券です。

 

不足金が発生した原因

 

信用買いしていた株を損切りしました。

損切りした際の損失額が、証券会社の口座にある現金よりも大きく、不足金が発生してしまいました。

 

不足金が発生すると、HYPER株アプリの画面で以下のように通知されます。

 

20151110_124144_sbi001

 

※赤色で塗りつぶしているところに、不足金額が表示されています。

※画面イメージは、11月10日時点です。

 

約定日は11月5日、受渡日は11月10日でした。

 

11月11日の不足金額が — となっており、不足が無いのは、別の株を売却して現金にし、不足金を補ったからです。別の株の受渡日は11日でした。

 

失敗してしまったのは、損切りした日の1日後に別の株を売却したため、受渡日11月10日時点では現金が不足した状態になっていたことです。

 

損切りした日と同じ日に別の株を売却していれば、不足金は解消されていたと思います。

 

画面上の「<預り金不足予定額>」とあり、「予定」であり、「確定」ではないのだと勘違いしてしまって、11日に不足金が無いため、問題はないのかと思ってしまっていました。

 

11月10日時点では、不足金が発生した状態なので、新規建ての注文はエラーになりました。

 

20151110_124306_sbi002

 

 

11月11日時点では、新規建ての注文は停止されてしまいました。

 

20151111_134545_sbi003

 

 

 

新規建注文停止の解除

 

注文停止になってしまったので、どうすれば良いのかわからなかったのですが、PCより、SBI証券のWebサイトにログインしたところ、

 

「(重要)信用取引口座継続の意思確認に関するご連絡」というお知らせが来ていました。

 

 

20151112_sbi001

 

 

 

お知らせの内容を表示すると、

 

20151112_sbi002

 

 

信用取引口座を継続するか閉鎖するかの確認メッセージでした。

少し安心して、「継続希望」をクリックしました。

 

20151112_sbi003

 

継続希望を受け付けてもらえたようなので、後は審査待ちになります。

 

 

審査には時間が掛かりました。

結構、不安になります・・・。自業自得なんですが・・・。

 

 

継続希望をしてから、だいたい1週間後ぐらいに、「「インターネット信用取引口座継続申込」審査結果」というお知らせが来ていました。

 

20151125_sbi001

 

 

お知らせの内容を表示すると、

 

20151125_sbi002

 

無事、再開できるようになりました。

 

 

 

まとめ

 

損切りした際には、受渡日に現金が不足していないか確認しましょう。

受渡日は、証券会社から送られてくる取引報告書の精算日を確認すればわかります。

 

今回は不足金額分を保有株式の売却により解消する形になっていますが、口座に入金して解消する場合もあると思います。その際には、いつまでに入金すれば間に合うのか確認しましょう。

 

不足金が発生する場合には、HYPER株アプリを起動した際やSBI証券のWebページにログインした際などに、赤字等でメッセージが表示されますので、しっかり内容を確認しましょう。

 

このような失敗をする方はいないかもしれませんが、ご参考まで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
error: Content is protected !!