注文時の執行条件の種類

買い注文、売り注文を入れる際に、指値か成行かを指定して注文を入れますが、同時に執行条件を付けて注文を入れることができます。

 

執行条件には、

 

指値 + 寄付 or 引け or IOC の組み合わせで、

寄指(よりさし)、引指(ひけさし)、不成(ふなり)、IOC指(IOCさし)

 

成行 + 寄付 or 引け or IOC の組み合わせで、

寄成(よりなり)、引成(ひけなり)、IOC成(IOCなり)

 

があります。

 

※IOCは、「Immediate or Cancel」の略。

 

 

寄指(よりさし)

立会時間の寄付のみに有効な指値注文。

前場寄付前の寄指注文は、前場の寄付のみ有効です。

前場終了後から後場寄付前の寄指注文は、後場の寄付のみ有効です。

※寄付値が決定した状態のタイミングで寄指注文を入れた場合は、その注文は失効されてしまいます。

 

 

引指(ひけさし)

立会時間の引けのみに有効な指値注文。

前場引け前の引指注文は、前場の引けのみ有効です。

前場終了後から後場引け前の引指注文は、後場の引けのみ有効です。

 

 

不成(ふなり)

寄付とザラバは指値注文として受け付け、未約定の場合、引けの時点で成行注文に変更する注文。

前場引け前の不成注文は、前場の寄付とザラバで指値注文として有効になり、前場の引け時点で成行注文として有効になります。

前場終了後から後場引け前の不成注文は、後場の寄付とザラバで指値注文として有効になり、後場の引け時点で成行注文として有効になります。

 

 

IOC指(IOCさし)

指定した値段かそれよりも有利な値段で、即時に一部あるいは全部を約定させ、成立しなかった注文数量をキャンセル(失効)する注文。

発注後の状況変化において、「注文を取消したい」と思っても間に合わない場合があります。

そのような場合、IOC注文を入れれば、直ぐに約定できなかった注文数量は自動的にキャンセルされるため、そのようなリスクを回避できます。

※IOC注文は、東京、名古屋、福岡、札幌の各市場の立会時間中のみ受付。

 

 

寄成(よりなり)

立会時間の寄付のみに有効な成行注文。

前場寄付前の寄成注文は、前場の寄付のみ有効です。

前場終了後から後場寄付前の寄成注文は、後場の寄付のみ有効です。

※寄付値が決定した状態のタイミングで寄成注文を入れた場合は、その注文は失効されてしまいます。

 

 

引成(ひけなり)

立会時間の引けのみに有効な成行注文。

前場引け前の引成注文は、前場の引けのみ有効です。

前場終了後から後場引け前の引成注文は、後場の引けのみ有効です。

 

 

IOC成(IOCなり)

注文執行時の値段で、即時に一部あるいは全部を約定させ、成立しなかった注文数量をキャンセル(失効)する注文。

※IOC注文は、東京、名古屋、福岡、札幌の各市場の立会時間中のみ受付。

 

 

SBI証券の 「HYPER 株アプリ」 での画面イメージ

現物買いの画面 - 指値

20151001_sbi003

市場を「東証*」等に変更する必要があります。

初期状態(デフォルト)は、「SOR」になっています。

 

※ 「SOR(スマート・オーダー・ルーティング)注文」

複数市場から最良の市場を選択して注文を執行する形態の注文。

証券取引所(当社優先市場)と「ジャパンネクストPTS」の第1市場(J-Market)および第2市場(X-Market)で提示されている気配価格等を監視し、原則、最良価格を提示する市場を判定して、自動的に注文が執行されます。

 

 

現物買いの画面 - 成行

20151001_sbi004

市場を「東証*」等に変更する必要があります。

 

 

信用新規買いの画面 - 指値

20151001_sbi005

 

 

信用新規買いの画面 - 成行

20151001_sbi006

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
error: Content is protected !!