PER、PBR、ROEとは何?

PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)、ROE(自己資本利益率)とは何か。

 

株価が割高だとか、割安だとか言いますが、その指標として、

  • PER(株価収益率) -  Price Earnings Ratio
  • PBR(株価純資産倍率) - Price Book-value Ratio
  • ROE(自己資本利益率) - Return On Equity

が登場します。

 

各々の意味と関係を見ていきます。

 

 

PER(株価収益率)

株価と企業の収益力を比較し、投資価値を判断する(「割高」なのか、「割安」なのか)際に利用する指標になります。

 

以下で計算されます。

 「 PER(株価収益率) = 株価 ÷ 1株当たり利益(EPS) 」

 

PERの値が高ければ、株価が利益に対して「割高」だと判断し、

PERの値が低ければ、株価が利益に対して「割安」だと判断します。

 

どの程度の値であれば、割高や割安だという基準は特にありませんので、その企業の過去の値との比較になります。

 

 

PBR(株価純資産倍率)

市場が評価した値段(時価総額)が、会計上の解散価値である純資産の何倍であるのかを表す指標になります。

 

以下で計算されます。

 「 PBR(株価純資産倍率) = 株価 ÷ 1株あたり純資産額(BPS) 」

 

一般的に、PBR水準1倍が株価の下限であると考えられるため、底値を推定する上では有効な指標です。

 

PERが、企業の収益面から見た評価に対し、PBRは、企業の資産面から見た評価になります。

 

PBRが1倍未満の株価は、企業が持つ資産価値を株価が下回っていることを意味します。そのため、「割安」といった考えや、あまりに低いと、企業の存続自体に問題があるといった考えになります。

 

 

ROE(自己資本利益率)

企業の純資産(自己資本)に対する当期純利益の割合を表す指標になります。

 

以下で計算されます。

 「 ROE = EPS(1株当たり利益) ÷ BPS(1株当たり純資産) 」

 

企業の収益力を判断する財務指標の一つであり、以下のような点を表しています。

  • 自己資本を使い、どれだけ効率的に多くの利益を生み出すことができるのか
  • 自己資本がどれだけ高い成長力を持つのか

 

アメリカでは、投資家が「投下した資本に対し、企業がどれだけの利益を上げられるのか」という点を重視したこともあり、最も重要視される財務指標となっています。

 

 

PER、PBR、ROEの関係

これらの指標には、以下の関係があります。

 「 PBR(株価純資産倍率) = PER(株価収益率) × ROE(自己資本利益率) 」

 

ですので、PBRが高くても、ROEがとても低いといった状態の場合、あまり良い状態とは言えなくなります。

 

PER、PBR、ROEの値のバランスも見る必要があります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
error: Content is protected !!