日経平均株価とTOPIXって何が違うの?

株価の動きについて良く見かける株価指標の日経平均株価とTOPIX。

 

日経平均株価(日経平均、日経225)とは

日本の上場株式の平均株価を示す株価指標です。

日本経済新聞社が東証一部上場している銘柄から225銘柄を選出し、ダウ・ジョーンズ社の計算式を用いて平均株価を算出しています。

225銘柄は、市場の流動性を考慮して適宜入れ替えられます。

 

日経平均株価が上がっていれば、概ね各銘柄の株価は上がっています。

逆に、下がっていれば、概ね各銘柄の株価は下がっています。

もちろん、銘柄により日経平均株価とは異なる動きをする銘柄もあります。

 

 

TOPIX(東証株価指数)

東証一部上場している全銘柄を対象に算出している株価指標です。

1968年1月4日の時価総額を100として、その後の時価総額を指数化して表しています。

 

TOPIXは大型株の値動きに影響を受けやすい指数になっています。

 

 

 

※株取引する際には株価指数も見ますが、それよりも持っている銘柄の株価の動きを見ている方が良いと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
error: Content is protected !!