成行注文と指値注文の違い

注文方法の成行注文と指値注文の違いや注意事項などを記述します。

 

成行注文

成行(なりゆき)では、値段を指定せずに注文を入れます。

 

指値注文より約定しやすいですが、希望とは異なる株価で買ったり、売ったりすることになる可能性があります。

 

 

指値注文

指値(さしね)では、

買い注文時: 買いたい値段を指定して注文を入れます。

売り注文時: 売りたい値段を指定して注文を入れます。

 

買い注文時は、株価が買いたい値段以下になったら約定します。

売り注文時は、株価が売りたい値段以上になったら約定します。

 

但し、株価は動いていますし、注文が極端に少なかったり、多かったりすることもありますので、株価が指値で注文した値段になったとしても、自分の注文が直ぐに約定するとは限りません。

 

希望株価での売買にならない可能性がありますが、希望価格とずれたとしても早く約定したい場合は、成行で約定してしまうのも有りかもしれません。

 

 

中長期保有する株は、成行で注文を入れたりしますが、デイトレードなどの短期取引では、指値で注文を入れたりしています。

 

デイトレードで少額の利益を得る場合、成行だと少額の利益じゃなくて、損失になるかもしれませんしね。

 

 

精神面では、指値より成行の方が気楽に取引できます。

成行で取引する株取引スタイルを確立できると良いですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
error: Content is protected !!