【相場の格言】 頭と尻尾はくれてやれ

株を売買する際、株価の最安値(底)で買って、最高値(天井)で売りたいという意識が働きます。

しかし、実際にはほぼ不可能なことです。

(運良く、最安値で買えたり、最高値で売れたりすることはあるでしょうけど)

 

最安値で買って、最高値で売るという難しいことは意識せず、その間の値段で売買し利益を出そうといった格言です。

(この格言は、魚に例えられています)

 

 

最安値で買って、最高値で売らなくても、株価の下落が続いているときには様子を見て、上昇し始めてから株を買い、最高値になる前に自分で決めていた株価で売ったり、あるいは上昇が終わり、下落が始まったところで売ったりしても良い訳です。

(上昇が終わった後に売る場合、急落したら損失になることがありますので注意が必要です)

 

最安値や最高値にこだわると、心身が疲労して良くありません。

大きく利益を出せなくても、利益が出るだけで十分です。

 

ここが最安値だと思って買った場合、さらに株価が下がることは良くあります。

ついつい最安値で買いたくなりますが、欲張らずにいきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
error: Content is protected !!