【相場の格言】 見切り千両

株価が上がると思い買ったが値下がりしてしまい、含み損を抱えてしまいます。

 

株価がまた上がり、元に戻るだろうと期待して保有したままにすると、さらに値下がりが続き、大きな含み損を抱えることになります。

 

大きな損失になる前に、値下がりした際に小さな損失の時点で見切りをつけて売ってしまうことが、千両に匹敵する価値があるといった格言です。

 

 

損切りは重要だと良く聞きます。

どこまで下がったら損切りするというラインは決めておく必要があると思います。

 

 

まだまだ初心者ですが、短期売買の時は、1%~2% 程度で損切りするようにしています。

 

中長期の売買でも、高値で買ってしまっていたり、見通しが悪そうなら損切りした方がいいですよね。

早い段階で損切りしておけば良かったと思ったことが何回もあります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
error: Content is protected !!