信用取引の制度信用と一般信用の違い

信用取引の制度信用と一般信用で何が違うのか記載します。

 

信用取引には、『制度信用』 と 『一般信用』 があります。

 

はじめに、そもそも 『信用取引』 とは何か。

 

信用取引

現金や株式を担保にして(委託保証金を差し入れ)、証券会社に自分のことを信用してもらい、担保の約3倍の売買取引をすることです。

 

証券会社の口座に現金や保有株式があれば、それらをベースに約3倍の信用建余力金額が設定されます。口座管理の情報画面等に表示されています。

 

無理な取引はしない方が良いと思いますが、システム上、手持ちの資金よりも大きな額の株取引をすることができるようになります。

 

また、信用取引では、株を売ってから、買い戻すということができます。

 

例えば、

株価が 1,000円のときに100株を売って(信用新規売)、900円まで下落したときに100株を買い戻して(信用返済買)、10,000円(=100円×100株)の利益を得るといったイメージです。

※手数料等は計算に含めていません。

 

 

制度信用取引

「証券取引所」が制度信用の銘柄を選定します。

制度信用では、返済期限が6ヶ月になっています。

制度信用で買った(or 売った)株は、無期限に保有できる訳ではなく、6ヶ月以内には売る(or 買い戻す)必要があります。

売りから入る(空売りする)場合は、その銘柄が貸借銘柄である必要があります。

 

 

一般信用取引

上場株式等の中から「証券会社」が独自に銘柄を選定します。

そのため、証券会社によって、一般信用取引のルールが異なりますし、取り扱い銘柄も異なります。

一般信用では、返済期限が無期限だったり、1日だったり、取引ルールには複数パターンがあります。空売りできるかどうかも、ルールを確認する必要があります。

 

自分の目的にあった証券会社の口座を開設する必要があります。

株取引に慣れてきたら、複数の証券会社の口座を開設するのも良いと思います。

 

 

注意事項など

信用取引をするには、総合取引口座とは別に、信用取引口座を開設しておく必要があります。

信用取引口座の開設には審査があります。

ネット証券であれば比較的に開設しやすいと思います。

 

現在、私はSBI証券で取引していますが、ある程度の資金と経験年数(経験年数は現物取引、信用取引が1年以上)であれば審査は通過するんじゃないかという感触でした。

職業は無職でも大丈夫でした。

信用取引口座の申し込みもネット上のみでした(電話が掛かってきたりはしていません)。

 

信用取引をする際にはリスクを十分理解し、無理な取引はしないよう注意が必要です。

取引金額を抑えたり、損切りルールを決めて、しっかり損切りする等。

 

株取引で大きな失敗をする人は、信用取引だと思われますので。

資金の約3倍の取引ができちゃいますからね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
error: Content is protected !!